レーシック手術はやめておいたほうがいい?

視力が悪い皆さんの中には、レーシック手術を受けようと考えている人もいるかもしれません。
これまで眼鏡をずっと着用していた人にとっては、レーシック手術はすごく魅力的かもしれませんね。
わずらわしい眼鏡をかけ続ける必要はありませんし、それに眼鏡のフレームが視界に入ることもありません。
まるで視力がよかった時の自分を取り戻すことができるような感覚になりますから、ぜひ受けてみたいと思う人は多いことでしょう。
しかし、レーシック手術にはメリットもこのようにたくさんありますが、少なくないデメリットやリスクもあります。
もし手術を受けるというのならば、そのメリットデメリットをしっかりと把握して、自分の責任で選ぶことが重要でしょう。

レーシック手術のメリット・デメリット教えてください!! – こ… – Yahoo!知恵袋

まず最大のリスクとしては、手術の失敗、副作用の心配です。
レーシック手術は眼球の表面を薄く削り取る術式ですが、この手術によって常に目が充血してしまったり、あるいはドライアイになってしまうような人もいるようです。
さらには、術後すぐは視力が回復するのですが、時間がたつとまた視力が悪化して元に戻ってしまうという人もいるようです。
視力回復の効果を見ることもできず後遺症だけが残るなんて、考えられないですよね。

また、コンタクトを着用している人にとっても問題があります。
レーシック手術を受けた人の中にはコンタクトを着用できなくなる人もいます。
視力矯正用のコンタクトだけならばどうせ視力が回復するからどうでもいいと思う人もいるかもしれませんが、カラコンなどをファッション目的でされている方には注意が必要です。
もしカラコンを楽しんでいた方が、たとえ視力が戻ったからと言っても今後カラコンができないとなったら、非常に残念に思うことでしょう。
最近では度入りのカラコンでも非常に優秀だったり安価な商品が多数販売されるようになってきますから、個人的には度入りカラコンを今後ともルールを守って着用していくことをお勧めしたいと思います。