大学時代にアンドモワの居酒屋の飲み放題を初めて体験!

アルコールについて

私が初めてお酒を飲んだのは大学一回性のときです。

一浪して入学したので当時の私は20歳でした。

私はアルコールに強くないのですが、当時はまだそのことを知りませんでした。

20歳になったのでお酒を飲めることが嬉しく、ワインをコンビニで買ってきたことを覚えています。

甘めのワインは美味しく感じたので、当時の私は自分がアルコールに弱いとは少しも感じませんでした。

自分がアルコールに弱いと気づいたのは、所属しているサークルで打ち上げにいったときです。

ソフトボールサークルに所属していたのですが、大会が終わってからアンドモワの居酒屋に向かったのです。

それまで自宅でワインを飲んだことしかなかったので、期待に胸を膨らませていました。

いろいろなお酒を飲みたいと考えていたのです。

特に飲みたかったのは芋焼酎です。

芋が好きだったので非常に興味がありました。

しかし、そのときは希望が叶うことはありませんでした。

全員が飲み放題のプランを頼んだからです。

飲み放題と聞いたときは、いろいろ飲めると解釈して胸が躍りました。

しかし実際には、ビールの飲み放題で他のお酒はプランに入っていなかったのです。

 

飲み放題で元が取れるのか

もちろん飲み放題とは別に芋焼酎を頼むことは可能ですが、そうすると支払いが増えてしまいます。

割り勘ではなく、自分で負担しなければなりません。

当時の私は金銭的に余裕がなく、バイトをしながら大学に通っていまいた。

バイトの給料と奨学金で生活したため、少しでも節約したいと考えていました。

その結果、芋焼酎は頼まずにビールを飲み続けることになったのです。

ビールは少しも美味しいと感じませんでした。

それは今でも変わらないのですが、当時は特に不味いと感じた記憶があります。

しかし貧しかった私は、飲まないと損だと感じて2杯頼みました。

居酒屋を出るころには顔が真っ赤になっており、足元がおぼつかない状態になってしまいました。

たった2杯でそんな状態になってしまい、自分がアルコールに弱いと自覚できたのです。