自己分析が重要な就職活動と村上豊彦

就職活動について

一生働く企業が決まるかもしれない就職活動。

大事な決断だからこそ慎重に考えてしまいますが、自分について色々と考えられる貴重な時期でもあります。

友人の村上豊彦も就職活動は大切だと言っています。

就職活動で最も重要なことは、自分についてよく知ることと、後で悔いが残らないように気になる企業は根気よく企業研究を行うことです。

一般的な就職活動のステップは以下の通りです。

1、自己分析を行う

自分の長所や短所、今までの実績など、自分についてあらゆる角度から考えることになります。

自分についてよくわからない人は、自分が好きなことをリストアップする作業から始めると取り掛かりやすいでしょう。

どんなことをしている時が一番楽しいのか、どうしてそれが好きなのかなど。

また、実績については過去の自分の年表を作ってみて、成功体験を書き込むことから始めると良いでしょう。

成功体験と言っても輝かしい実績を考える必要はなくて、自分が達成感を得られた小さなことで良いので、リストアップしてみると整理しやすくなります。

2、企業研究を行う

就職支援会社が主体となって行われている企業説明会や、各企業が独自で行なっている企業説明会、ウェブサイト、すでに就職している先輩に聞くなど、企業に関する情報は様々な方法で入手することができます。

自分に合う企業がわからない場合は、業種や職種を絞り込むなどして調べてみると取り掛かりやすいです。

3、履歴書を作成

履歴書はいつでも書き直せるので、自己分析のためにも書いてみて、自分について整理してみると良いでしょう。

ウェブサイトからのエントリーシートを重視する企業も増えていますが、今でも手書きの履歴書を重視する企業もありますので、字は読みやすい大きさで書く方が良いでしょう。

また、志望動機では自分の言葉でしっかりと説明しているかどうかがポイントになります。

4、応募

応募の方法も色々とありますが、最近ではウェブサイトからエントリーする方法が一般的だと思います。

限られたスペースで自分のことをアピールする必要があるため、自己分析をしっかり行なってから登録しましょう。

5、選考

適性検査や筆記試験など、様々な方法で選考が行われます。

選考日の前日はしっかり寝て、集中できるようにしましょう。

6、面接

面接では、入室した瞬間から見られています。

面接の前にはきちんと身なりを整える、普段から姿勢に気をつける、聞きやすい大きさの声で話すことを心がけましょう。

7、内定

内定が出ると就職が確定します。

就職活動では、せっかく応募したものの縁のない企業も出てくると思います。

上手に気持ちの切り替えを行うことも重要になると村上豊彦は強く語っています。

 

おすすめコンテンツ

村上豊彦とは? – NAVER まとめ